MOVIE

7/17 DIV「ゴールデンキネマ劇場」MV(FULL ver.)

PAGE TOP

DIV『1st Oneman Live Disc』ダイジェスト

PAGE TOP

INTERVIEW

「ゴールデンキネマ劇場」リリースインタビュー



──7月17日にリリースする「ゴールデンキネマ劇場」は、どんな作品にしようと思っていたんですか?

CHISA:夏にリリースするということで、夏と言えばなんだろう?って色々考えていたんですよ。去年出した「夏の行方」はどストレートな感じだったけど、他に何があるかな?って。それで、夏と言えば“怪談”とか“ホラー”もあるなと思って、こういう形にしました。
satoshi:これまでのシングルはわりと聴きやすいものをタイトル曲に選んでいたんですけど、今回はDIVのダークサイドな一面が見れると思います。
CHISA:4月に出した「TASTE OF LIFE」とはまた違う感じになってますね。だいぶギャップがあると思います。

──DIVにとってギャップは重要な要素ですよね。

CHISA:そうですね。DIVの音楽は、明るいとか暗いとか、こういう音楽性ですって決めるんじゃなくて、声だったり、楽器のフレーズの個性で作り上げたいと思ってやっているので、ギャップだったり、バリエーションっていうものは意識してますね。次に何が来るか誰も予想出来ないようなものを出したいっていうのは、常に思っています。

──タイトル曲の「ゴールデンキネマ劇場」はCHISAさんが作詞・作曲をしていますね。

CHISA:僕は映画が好きなんですけど、テレビの映画番組のオープニング映像みたいな感じというか、ちょっと懐かしい雰囲気のあるものを作ってみようっ ていうところから始めました。イントロにジャズっぽい部分があるんですけど、一番最初に作ったデモは全編ああいう感じだったんですよ。バラードまではいかないにしろ、ゆったりした感じがあって。
将吾:そうそう。激しい感じは全くなかったんです。サラっとしとったっていうか。
ちょび:オシャレな感じだったね。デモ自体は結構前に出来ていたんですよ。
CHISA:そのデモを将吾に聴かせたんですけど、こういうレトロなジャズっぽい曲調に、将吾の得意なエモの要素を混ぜたら面白いんじゃないか?っていう話になって。
将吾:Aメロのスカっぽい感じのところも、結構思いつきで入れてみたりとか。激しくしていくうちに良い感じになっていきました。
satoshi:それでこの曲を、「レトロ」と 「スクリーモ」を混ぜて「レトリーモ」って呼んでいて。面白いし、単純にカッコいい曲になったと思います。
CHISA:あと、レトロなものとエモの共通点として、どっちも哀愁を感じさせるところがあるから、そこが意外とマッチしていて面白くなりましたね。

──歌詞についてはいかがですか?

CHISA:最初の段階で映画の曲にしようと思っていたから、歌詞も映画にしようかなと思って。それで、この言葉を見たら、この映画のタイトルが自然と思い浮かぶようなワードを散りばめてみました。その映画を知っている人は、あれからとってきたのかな?って分かるような、知らない人はそこからその映画が気になってくれたら面白いかなと思って。それになおかつ、ラストで“……あれ?”みたいな(笑)。登場している人達のことを想像しながら最後まで聴いてもらえると、味わい深くなると思います。
ちょび:あいかわらずのCHISA君節がよく出ているなと思いますね。頭が良い感じっていうか(笑)。そういうふうに来る!?っていう驚きが毎回あるんですけど、今回も面白い歌詞だなと思いました。

── カップリングの「PieceS」は将吾さんが作曲。疾走感があって、ライヴのクライマックスのような雰囲気のある曲です。

satoshi:明るくてストレートで良い曲ですよね。
CHISA:普通のバンドだったら、こっちをリード曲に選ぶんじゃないかな?っていう感じの曲なんですけど、これを敢えてカップリングに持ってくるのがDIVらしいかなって。
ちょび:でも将吾らしい曲ですよね(笑)。ベースのフレーズはいろいろ考えてねじ込んでみたので、新たな試みが出来た曲だなと思いました。是非そこを聴いてもらえればと思います。

──そしてこの曲は、将吾さんが作詞に初挑戦していると。

将吾:そうなんですよ! 全く歌詞が書けない人なんですけど、書いてみたら?っていう話があったので挑戦してみました。

──この曲も歌詞の展開が面白いですよね。

将吾:最初はものすごくカワいい彼女に歌っとるような感じなんですけど、最後の最後に……みたいな(笑)。
ちょび:将吾の好きなものを詰め込んだ曲なので、彼の感情がいろいろ伝わる曲だと思います。

──CHISAさんは、人が書いた歌詞を歌うことについてはどうでしたか?

CHISA:戸惑う部分は結構ありましたね。例えば自分で歌詞を書くときは、母音を「あ」にするか?「う」にするか?って考えながら進めていくんですけど、他の人が書いた歌詞だと、そこをどう歌えばいいのかな?って。それで、レコーディング中にどう歌ったらいいか、その都度聞いて録ったんですけど、そこは新しい感じがしました。あと、曲を作った人が歌詞を書くことで、 曲に説得力みたいなものが出たなっていう感じもありますね。

──これをキッカケに、他のメンバーが作詞する曲も増えそう?

CHISA:「TASTE OF LIFE」のときに4人全員が作曲をしたので、全員が作詞するのも面白いかなと思いますね。1人でやっているんじゃなくて、4人でやっているバンドだから、歌詞にも4人の個性が出るようなバンドになれたらいいなって。そういう面白いものを生み出していけるように頑張ります。


Q&A

CHISA | 将吾 |ちょび | satoshi


CHISA
■1年を振り返って
単純にちょっと大人になったなっていう感じがします。一番最初の写真と比べると、全員顔つきが大人になったなって(笑)。垢抜けたというか、みんなキリっとした感じになりましたね。そこもなんか、バンドとして団結してきた感じがします。あと、曲をアレンジするときも、satoshiだったらこういうドラムにしたがるよねとか、ちょびだったらこういうベースを弾きたがるよねとか、話さずともお互い のことが分かるようになりました。

■好きな映画は?
最近はアメコミ系の映画が好きなんですけど、昔見た映画だと「ファイトクラブ」が大好きで。ブラッド・ピットがぶっ飛んでいて、あんまり良い人ではない役なんだけど、すごい魅力があるっていうか。ああいう感じに憧れますね。あと、「バタフライ・エフェクト」みたいな映画も好きです。最初は意味が全然分からないんだけど、徐々に分かって行って、最後の最後でこういうことだったのか!ってスッキリっていう。もうまんまと作り手の策略にハマっているんですけどね(笑)。でも、そういうタイプの映画はよく見ます。

■怖いものは?
結構怖いもの知らずというか、夜にお墓とか一人で行けちゃうんですよ。というのも、実家の隣が お墓なんです。だから、帰るときは絶対に前を通らないといけないんで。僕、お化けとか見たことないし、そういう心霊的なものはあんまり怖いと思わないんですけど、神社は怖いんですよ。あの、なんか張りつめた空気っていうか、独特の緊張感があって。多分、日本に生まれると、神様っていうものに対して刷り込まれている何かがあると思うんですよ。尊敬なのか恐怖なのか分からないですけど。あと、お寺もなんか怖いです。ここで絶対にふざけられない!っていう感じがしますね。

■大切なモノ/コトは?
遊び心ですね。真面目にふざけるというか。例えばレコーディングで、ちょっと変な声を録ってみて、それを曲に当ててみたら意外と合うかも?とか。そういうちょっとした遊びで、作品のク オリティが上がる場面を何回も見ていて。決まったものを決まった行程で真面目に作れば、良い物が出来るっていうわけでもないなって。そういう遊べる余裕みたいなものは、DIVの中で大事にしています。


将吾
■1年を振り返って
本当に1年なん?って思うぐらい、いろんなことがあって楽しかったです。本当にあっという間。でも振り返ってみて、ワンマンがソールドアウトしたことは本当に驚きました。もちろんソールドさせたいとは思っとったんですけど、あそこまで行くとはメンバー全員誰も思っていなくてビックリして。それもあって、より頑張れるなって。自分達が思っていたより速いペースで、みんなに良い景色を見せてあげられるんやないかな?と思っています。

■好きな映画
今 パッと浮かんだのは「ドラゴンボール」ですね! ボージャックっていう敵キャラが出てくる「銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴」が一番好きです。おれのばあちゃん、ドラゴンボールが好きなんですよ。だから、俺が見に行きたい!って言わんでも、ばあちゃんが勝手にチケット買っとるんです。俺と弟とばあちゃんの3人分のチケットを(笑)。あとは「リアル鬼ごっこ」とか「バトル・ロワイアル」も好きですね。逃げる側よりは鬼になりたいです。捕まえる方がいいですね。

■怖いモノ
 世の中で一番怖いものはお化けです。昔、とある有名なキャンプ場に行ったことがあって。山奥にあるんですけど、そこで昔、殺人事件があったんです。もう閉鎖されとるから、扉に全部バツの字で板が打ち付けら れていて。でも、1カ所だけ、板が打ち付けられてなくて、中に入れる建物があるんです。そこが昔事件のあった場所なんですけど。
 夜にそのキャンプ場に行ったんですけど、車の中にずっとおったんですよ。で、なんか怖いけど面白くないね、みたいな話をしていて。そしたらなんか、キィ~っていう音が聞こえてきて。山の中やけん動物でもおるんかなって思ったんですけど、みんなその音が聞こえたみたいで、「なんやろ?」って言ってたんですけど。それで、ちょっと面白がって、車のエンジンとライトを切ってみたんですよ。そしたらやっぱりキィ〜っていう音が聞こえるんですよね。あの、ちょうど自転車のブレーキがキィ~っていうときの音みたいな感じです。そのキィ〜っていう音が、山からど んどん近づいてくるんですよ。何だろうなぁって思ってたら、車からちょっと離れたところで、紫色のストロボがバババババッ!って急に光って。それでみんな「変な虫がおる!」って言って、車から降りて探してみたんですけど、何もいないんですよね。それで、何やったんやろね?ってその日は帰ったんですけど。
 でも、よくよく考えたら、紫色に光る虫なんておるわけないんですよね。もうそれ以来、そういう場所には行かないようにしてます。これ、ホントの話です。

■大切なモノ
カッコつけずに言うと、自分です。まぁ性格なのか分からないんですけど、やっぱり自分のことを先に考えてしまうかなって。でも、自分をそうじゃなくしてくれた存在がいるんですけど、そのことを「PieceS」で書 いとるんですよ。なので、それを感じながら聴いてもらえると嬉しいです。


ちょび
■1年を振り返って
もうね……本当にいろいろありましたよ(苦笑)。いろんなことがありすぎて、何から話していいのか分からないぐらい。頭を抱えてどうしようってなってたときもあったんですけど、それを乗り越えて今があるんだなって思います。本当に内容の濃い一年でした。でも……もう考えたくないです、過去のことは(苦笑)。先のことを見て行こうと思います! 今、この次のステップをどうするか?っていうのを、みんなで練りに練って考えてるんですよ。まだ発表出来ないけど、いろんなことも決まってきているので、今後のDIVがどう動くのかを楽しみにしてもらいたいですね。

■好きな映画
「マダガスカル」とか、海外のアニメ映画が好きですね。おちゃめなコメディーをいっぱいねじ込んでくるので、それをずっと笑いながら見てます。やっぱり基本は笑えるものが好きなので、そういうものばっかり見てますね。

■怖いモノ
秘密!

■大切なモノ/コト
僕の中で一番大事なのは、やっぱりDIVですね。このメンバーと一生続けていけたらいいなと思っています。バンド以外で大切なものですか? なんだろうなぁ。猫、ベース、ゲーム、マン ガ、ガンプラ……なんか、いっぱい出てきましたね(笑)。


satoshi
■1年を振り返って
DIVを始めて半年ぐらいは、結構のらりくらりやってたんですけど、夏に全国ツアーをやってからは、皆さんに応援していただいて、忙しい日々を過ごしていて。2013年に入ってからは、本当に充実した毎日を過ごさせてもらっていますね。特に九州ツアーは良い経験になりました。なかなか行けない土地に行けたし、ほぼ毎日ライヴやったり、メンバーとずっと一緒にいて、すごく刺激的な時間でした。

■好きな映画
ピクサーの映画が好きなんですよ。「トイストーリー」とか。あとはラブコメディーとかも好きですね。軽く見れるようなものが好きです。

■怖いモノ
ジェットコースターとか絶叫系の 乗り物は怖いですね。

■大切なモノ/コト
自分が本当にやりたいものを忘れないようにするっていうのは、すごく大切なことだと思います。

PAGE TOP

RELEASE情報

2013/7/17(水) RELEASE!!
ニュージャンル“レトリーモ”誕生!!
本当にあった…身の毛もよだつ恐怖の劇場 怖いな~怖いな~

「ゴールデンキネマ劇場」

【初回生産限定盤 Type A】CD+DVD

<CD>
1.ゴールデンキネマ劇場
2.PieceS
<DVD>
「ゴールデンキネマ劇場」MV+メイキング

¥1,680 (tax-in)  DCCL-94~95

【初回生産限定盤 Type B】CD+DVD
<CD>
1.ゴールデンキネマ劇場
2.PieceS
<DVD>
『1st Oneman Live Disc』
収録曲:「夏の行方」「LOVE IS DEAD」「R×R」「ANSWER」

¥1,680 (tax-in)  DCCL-96~97

【通常盤】CDのみ

<CD>
1.ゴールデンキネマ劇場
2.PieceS
3.夏の行方 “蚊取りみっくす”
4.LOVE IS DEAD “game brain dubstep mix”

¥1,575 (tax-in)  DCCL-98

PAGE TOP

封入特典

11/3(日)新宿BLAZE 2ndワンマンのチケット先行受付
【New Single「ゴールデンキネマ劇場」/CD封入先行予約】※抽選受付

■受付期間:2013/7/17(水)17:00~8/30(金)16:00
■当落発表・お支払い期間:2013/9/3(火)12:00~9/9(月)23:59

※枚数制限:お1人様4枚まで
※入場整理番号は、先行受付終了後、抽選にて決めさせて頂きます。
※チケットデリにて初めてお申込みされる場合は会員登録(無料)が必要です。
 ご利用ガイドをご確認の上、お申込み下さい。

PAGE TOP

INSTORE/購入特典

6/23(日)大阪ZEAL LINK 12:00~ トーク&握手&サイン会
6/23(日)ライカエジソン大阪店 16:00~ トーク&5ショットチェキ撮影会
6/24(月)ライカエジソン名古屋店 18:00~ トーク&握手&サイン会
6/25(火)名古屋fiveStars 18:00~ トーク&5ショットチェキ撮影会
6/29(土)little HEARTS.仙台 17:00~ トーク&5ショットチェキ撮影会
7/17(水)little HEARTS.新宿 17:30~ トーク&5ショットチェキ撮影会
7/21(日)ライカエジソン東京店(2部制)1部13:00~ トーク&握手&サイン会 
2部16:00~ トーク&5ショットチェキ撮影会
8/01(木)SKULL ROSE 福岡 13:00~ トーク&5ショットチェキ撮影会
8/15(木)渋谷ZEAL LINK(2部制)1部17:00~ トーク&握手&サイン会
2部19:30~ トーク&5ショットチェキ撮影会
8/24(土)池袋BrandX 19:00~ トーク&握手&サイン会


INSTOREスケジュール詳細はコチラ
購入特典はコチラ

PAGE TOP

Youtube
MOBILE SITE
DIV CHISAオフィシャルブログ「毒彩綴リズム」by Ameba
DIV 将吾オフィシャルブログ「影武者」by Ameba
DIV ちょびオフィシャルブログ「異色の音色」by Ameba